熊谷ホーム「餅つき」

 熊谷ホームでは、特養・養護合同で「餅つき」を行いました。

 「餅つき」は、新年を迎えるにあたっての年中行事です。男性職員が交代で「よいしょ!よいしょ!」の掛け声とともに、大きな杵を振り下ろします。 “鏡餅” を手際よく丸めていくのは女性職員です。

 お年寄りに召し上がっていただくお餅は、厨房が担当しました。 “お餅” を提供するにあたっては危険もあり、職員にとっては緊張の一日となります。事前に実技研修を行い、入居者の方の状態に合わせ、大きさを変えるなど注意をしています。

 つきたての「あんこ・からみ・きなこ」の3種類の “お餅” を召し上がっていただきました。お年寄りにとっては、 “一年の中で最も楽しみな行事” の一つです。大きな「よいしょ!」の掛け声で、来年に向けて “福” を呼び込みました。

最新記事
タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square