郷土料理(名古屋の味噌カツ)


 

 今回のメニューは、名古屋名物の一つである「味噌カツ」。

カツに甘めで濃厚な味噌だれをかけた食欲をそそる料理です。事前に “予告チラシ” を作り、楽しみに待っていてもらいました。


 より本物に近づけるため、味噌だれには本場と同じく “八丁味噌” を使用しました。肉はお年寄りが食べやすいようにと「ヒレカツ」を使用し、味はしっかり、でもさっぱり食べれるよう工夫してみました。

 またお皿にはナポリタン、ポテトサラダを付け合わせにし、「名古屋モーニング」もイメージしてみました。


 コロナ禍の中、入居者の皆さんに「食事の中で何か喜んでもらおう!味覚だけではなく、目でも刺激を受けて楽しんでもらおう!」と “東松山ホーム 栄養課” が知恵を絞り今回の料理を完成させてくれました。


 ただ、栄養士さん達が皆さんの反応を見ようと施設内を廻ったときには、料理が美味しかったせいか普段よりも早く食事が終わってしまっていたそうです。

 





 

最新記事
タグから検索
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square