より良いサービスを目指して

 今までに修得した豊富な知識と、確かな技術を自分のタンスの中にしまっておき、必要な時に必要な引き出しから出して使う事が出来る、つまり、創意工夫が出来る職員でなくてはならない。