ボランティアさんによる「オープンカフェ」

2018/04/20

 特養 熊谷ホームでは、毎週金曜日に利用者家族のボランティアさんによる喫茶会が行われています。いつもはボランティアさんがウェイトレスになって、コーヒー・紅茶・カルピスなどを、各ユニットに回りお好みの物を聞きながら入れてくれます。

 

 この日は天気も良く、外の風が気持ち良かったので、急遽「オープンカフェ」を行うことにしました。施設のシンボルである花時計の前に、テーブルを出して喫茶スペースを作りました。

 

 今日は利用者さんがオープンカフェに足を運びます。

 

 ボランティアさんの「いらっしゃいませ!」の明るい若い声(笑)に誘われて、昔通った喫茶店のように「コーヒー」「いつもの」と注文し笑い声にあふれていました。

 花時計の周りには、ノースボールの花が咲きほこり、参加した利用者の皆さんも自然と笑顔になり、会話も弾み、外で飲むコーヒーに大満足のご様子でした。

 【ボランティアさんの紹介】

 いつも施設の運営に協力して下さっているボランティアさんです。

喫茶やリラクゼーション、施設内の花の手入れなど、多岐にわたり協力してくれています。

 

 何より一番なのは、ボランティアさんと利用者の皆さんとの距離が近く、皆さんの明るさからお年寄りが笑顔になり、施設がパッと明るい雰囲気になることです。

 

 いつもありがとうございます。施設にとって、とても心強いサポーターです!

 

Please reload

最新記事