虐待防止委員会の研修(2/28~3/2)

2017/03/03

 

 どのような行為が“虐待”につながるのか?

 

高齢者虐待防止法で規定されている虐待の防止は当然ですが、今回の研修では日ごろ業務を行う上で“自覚していない虐待”について考えてみました。

 

「利用者が不快と感じる事を考えてみる」ことが必要ではないかとの思いから、介護職員を対象に高齢者疑似体験を行いました。

 

 行った体験は「重りをつけて可動域の制限」「耳栓では耳を聞こえづらく」「目もアイマスクで視界を白くする」などで、実際にその状態で「歩いてみる」「車椅子にのってみる」「字を読む」などの動作を行い、高齢者のハンデを体験しました。

 

 「想像以上に怖く動きづらい」

 「急に話しかけられたり、急に動かされるのも恐怖に感じる」

難聴の方に対しては「声を掛けたつもりでも利用者には聞こえていない」という事も改めて感じる事が出来ました。

 

 介助の際「職員のペースで行うこと」イコール「その行為そのものが虐待につながる可能性」があることを実感しました。

 

 業務の中で忘れがちになっていることを、改めて考えることが出来た研修でした。

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square

社会福祉法人 松仁会

TEL:0493-23-7588

FAX:0493-24-7123

​〒355-0072 

​埼玉県東松山市大字石橋1716番地

Copyright © 2016 shouninkai.com All Rights Reserved.